読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPRING東京大会の反省

こんちわ。

風邪引いて寝てましたよー
まだなんか鼻水でるけど、
SPRING東京大会の反省を軽く。

まだまだスピード負けしてる。

まず、車体が重いんだろうな。

そして、今回、フロントステーを車体中心に近づけた (全長が短くなってる)ことで、ステーの固定部分が、フロントの車軸をカバーするところに重なって、更に斜めになっているのだ。
簡単にいうと、トラストの角度が更についてしまっている。

このトラスト角度はもちろん下向きにつけているので、普通に走ってても、車体は下に下に行こうとする。
角度をきつくすれば、更に下にいく力が強くなるので、前に進まない。
つまり、スピードが上がらない。

なわけで、トラスト角度の調整。

もう1つは、バウンジングストレート対策かな。

いまいち案は浮かばないんだけど、
バウンジングストレートの最後の着地で、提灯部分がタイミングよくシャーシと一体化してしまい、力が逃げられなくて、提灯無し状態となって、ハネてコースアウト…チーンとなるんじゃないかと推測。

一体化しないようにタイミングをづらすんだろうけど…どうやって???

提灯をもう1ヶ所付けるとか。

バネを仕込むとか。

なんか、しなるようにするとか。

どうしたらいいものかなー


でわでわ。